池田よしふみセカンドバースデイシステム(SBS)の危険すぎる勝率97%のからくりを徹底検証!!

この記事は5分で読めます

Pocket
Facebook にシェア

 

 

こんにちわ

管理人のmiyabiです。

 

 

今回は

池田よしふみセカンドバースデイシステム(SBS)

の情報商材のレビューをしたいと思います。

池田よしふみセカンドバースデイシステム(SBS)のオファー内容

 

この商材は、私が得意の数字の問題なので

徹底検証したいと思います。

 

★特定商取引法に基づく表示

・販売会社:株式会社ハバナ

・責任者:松原和則

・所在地:東京都 千代田区神田多町2-9-6

・TEL:090-7702-0977

・メール:arrows.habanateam@gmail.com

・販売URL:http://the-birthday.net/nlp/entry/

・販売価格:¥100.000(SBSproダウンロード版)

      ¥200.000(SBSpro搭載PC付)

 

 

池田よしふみセカンドバースデイシステム(SBS)のビジネスモデル

 

 

池田よしふみ氏のセカンドバースデイシステム(SBS)の

情報商材は、「ブックメーカー」を使った手法になります。

 

「ブックメーカー」とは

 

 

イギリスでは、合法のギャンブルで

日本でいうと、石ころを投げると必ず当たると

いうぐらい、たくさんあるスターバックスですが

 

イギリスでは、ブックメーカーをポスターで

スターバックスと同等に近いぐらいの間隔で

宣伝しているようです。

 

スポーツは

・サッカー

・テニス

・野球

・バスケットボール

等、世界中のスポーツを始め、競馬にカジノまである

インターネット上の「オンラインカジノ」のことです。

 

その「ブックメーカー」を利用して

勝率90%以上と、うたっている高額塾もありますが・・・

 

では池田よしふみ氏のいう勝率97%のからくりである

勝率と儲けは違う所に注目したいと思います。

 

余談ですが・・・

池田よしふみ氏もお約束の暗い過去は

大根役者でしたね。

 

こういうやらせっぽいのって信憑性が

無くなることに気づいてほしいです・・・

 

今回のような情報商材の場合は

現状とシステムを説明したほうが

分かりやすいと思いますので説明していきたいと思います。

 

この池田よしふみ氏の情報商材もそうですが

なぜ、勝率が高いのかというと

BETしている試合が負けそうになったときに

キャッシュアウトができるからなのです。

 

キャッシュアウトとは

 

 

バイナリーオプションでもそうですが

一旦BETしてしまうと途中でキャンセルができないのが

普通ですが、この「ブックメーカー」に関しては

途中でキャッシュアウト(キャンセル)ができるのです

 

ギャンブルにはオッズというものがあります。

 

例えば、1000円BET(賭ける事)していて試合が進む毎に

BETした1000円が負けそうになっていればオッズが

何%か減ってきて、勝っていればオッズが

何%か上がってくるのですが

 

そのキャッシュアウトを狙った手法になります。

 

キャッシュアウトができるのであれば「負け」ではないから

儲かるのではと思うかもしれません

 

まさに、その心理をついているのが

「ブックメーカー」を使った情報商材なのです。

 

池田よしふみセカンドバースデイシステム(SBS)の怪しい点

 

 

勝つか、負けるかという結果だけで言うなら

キャッシュアウトを使えば負けたうちにならないので

勝率が97%以上でもおかしくありません。

 

問題は、金額に換算した場合です。

 

オッズが1.25倍に1000円BETしたとしましょう

勝てば1250円です。

負けた場合、キャッシュアウトをしないとマイナス1000円です。

 

では仮に負けそうになってBETした資金の30%が減った時点で

キャッシュアウトをしたとしましょう

結果、1000円⇒700円になります。

 

ここが要チェック項目です。

 

試合には負けていないから、勝率が上がります。

でも、資金は減っていますね・・・

だから、勝率だけでいえば97%以上なのです。

 

では、負けた300円を取り戻すには

オッズが1.25倍に1000円をBETして勝ったとしても

資金のプラスは250円です。

 

負けた金額300円、勝った金額250円

マイナス50円です。

 

2回勝たないと、負けた300円は戻ってきません。

 

 

このあたりの、デメリットを池田よしふみ氏は1度も

説明していません。

 

それどころか、実際に300円減るにも関わらず

資金が0円になることはないから、絶対に負けない

と言っています。

 

池田よしふみ氏が使っているセカンドバースデイシステムですが

キャッシュアウトの「%」を設定することができます。

 

先ほどの例のように20%とか30%とか

なので、大きな損失はないといっていますが

果たしてそうでしょうか?

 

特にテニスというのは、ポイント制なので

点を取り合う度に、オッズが変動します。

 

サッカーもそうですが、負けそうな時とは

点を入れられた時です。

 

都合よく20%や30%の損失のタイミングというのは

試合を見ながらでも到底無理です。

 

というのは、損失がいきなり50%以下とかになるからです

 

運よく20%や30%の損失のタイミングでキャッシュアウトができることは

数%あるかないかでしょう

 

万が一、完全放置型のシステムの性能がよくても

人間が行う試合なので、都合よく20~30%のタイミングで

留まってくれるはずはないのです

 

先ほどは掛け金1000円でしたが、1万円BETしたとしても

オッズ1.25倍なら2500円しか儲かりません

運よく30%でキャッシュアウトができても3000円の損失です。

 

しかも、1.5倍以上のオッズというのは、本当に危険な

ギャンブルになるのです。(どちらに転ぶか分からない)

 

池田よしふみ氏が説明する、セカンドバースデイシステムでは

勝てそうな試合をシステムが選び、自動でBETしてくれると

いっています

 

つまり、オッズが1.5倍以上にはBETしないという

ことではないでしょうか

 

池田よしふみ氏は、1回のオッズが2%~4%と

言っていますが、「ブックメーカー」をしたことがある方は

ご存知かもしれませんが、2%~4%のオッズにBETするのは

とても危険で、大半はキャッシュアウトをすることになるでしょう

 

本当に、セカンドバースデイシステムが2%~4%の試合に

BETするとしたら、たとえ勝つか負けるかでいう勝率97%には

なっても、資金の増加にはならないし

 

とても危険です!!

 

1回の勝負でいうなら、資金が0円になることはないと

いうのは、本当でしょう

しかし、BETする回数が増えるごとに

キャッシュアウトをする方が半分だったらどうでしょう

 

資金はマイナスが続き

下手をすると資金が無くなることもあり得るのです。

 

「ブックメーカー」の場合、勝てそうな試合というのは

オッズが1.25倍あればいいほうです

 

大抵のオッズは平均して1.08倍です。

ではオッズ1.08倍に1000円BETして勝てば80円

30%でキャッシュアウトしても300円の負けになります。

 

300円を取り戻すには、オッズ1.08倍を

4連勝しなければいけません

 

1万円BETして勝っても800円です。

 

月に数十万円稼ごうと思えば一体掛け金を

いくらにしなくてはいけないのでしょうか

 

これで、池田よしふみ氏のセカンドバースデイシステムの

情報商材が、夢のような話だとお分かりいただけたかと思います。

 

池田よしふみセカンドバースデイシステム(SBS)の結論

 

 

毎月83万円以上稼ごうと思えば掛け金が数千円~数万円単位では

不可能に近いということで、絶対にオススメできません。

 

もちろん、オッズが高いところにBETして運よく勝てば別ですが

システムを使っては無理です。

システムはそんな危険なギャンブルはしないでしょうから・・・

 

 

 

手堅く投資で稼ぐには

 

 

※手堅く投資をしたい方は下記からどうそ。    

 

人数限定の最強バイナリーオプションツールを 実践し検証しました。

 ルール+αさえ守れば、勝率90%も可能です。

 

¥1.000からエントリー開始で月収100万円!

リアルタイムでお見せすることも可能です。

 

本気で実践してみたい方は下記の記事をご覧いただいた上で

ページ最後の友達追加をお願いします。  

 

その記事はページこちらからどうぞ・・・

 

 

 

 

仮想通貨のツールも取り扱っていますのでLINE@に ご登録後

トークでどちらを知りたいか送っていただければと 思います。  

 

申請の際には

・お名前

・お住まいの都道府県

・意気込み

等を記載してください。  

 

また、Skypeチャットも回数限定でいたします。  

 

 

 

 

 

 

Pocket
Facebook にシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。